今アパート経営をする人が増えています

アパート経営をする人が増えている1つの理由は、相続税法の改正にあります。相続税の基礎控除額が、「3000万円+600万円×法定相続人の数」にまで減らされたため、死亡時に相続税がかかる人の割合が大きく増えました。税金を節約するために、アパートを購入する人が増加傾向にあります。アパート経営をすることで、相続税の節約になりますが、それだけではありません。うまくいけば、税金が節約できるだけでなく、家賃収入による利益が出せます。税金が1000万円節約できて、その上不動産投資による利益が1000万円出せれば、トータルで2000万円も得をすることになります。また、インターネットの普及によって情報が出回るようになり、不動産投資に興味を持つ一般の人が増えたというのも理由かもしれません。

レバレッジをかけた資産運用ができる

アパート経営はリスクの低い資産運用の方法と言われていますが、レバレッジをかけることで、リターンを大きくすることができます。もちろん、レバレッジを高くするとリスクも上がるので、よく考えて始める必要があります。例えば、2000万円の資金があって、1億円のアパートを購入するために8000万円の不動産担保ローンを組んだ場合、レバレッジは5倍になっています。2000万円の資金しかない人が、1億円のお金を動かしていることになるからです。2000万円の資金があれば、一括でワンルームマンションなどを購入して、ローンを組まずに安全な資産運用をすることも可能です。しかし、レバレッジをかけることでリスクはあがるものの、大きな利益を出せる可能性も上がります。バランスを考えて投資を行いましょう。

不動産投資ローンの審査のポイント

不動産投資ローンでは、家賃の収入でローンを返済していくので、一番重要になるのは、不動産の収益性です。不動産の収益性について計算をする時、「家賃5万円の部屋が20個あるから、月額収入は100万円」などと考えてはいけません。空き室リスクについても考えて、80万円くらいに見積もっておくべきでしょう。また、築年数が経過すると、家賃を下げなければいけなくなるので、将来はもっと収入が減ることも考えましょう。ローンを20年後に完済する予定なら、20年後の家賃についても予想しておく必要があります。あと1年でローンを完済できるというタイミングで、ローンの返済ができなくなって、強制的にアパートを売却されてしまったら、とてももったいないです。なるべく最初の数年間は繰り上げ返済をがんばっておきましょう。

若いOLの方が住みやすいように設計されているので、入居率が99%を超える安心安定の不動産投資です。 スタッフブログをHPにて掲載しておりますので各支店頑張るスタッフの様子を覗いてみて下さい。 独自の防音システムを採用しているので、騒音トラブルによる退去での家賃収入減を事前に回避できます。 経営に関する心配ごともアイケンジャパンで安心に変わります。 資産形成ができるアパート経営のことなら