実際にアパート経営で得られる収入

日本は男女ともに世界有数の平均寿命を誇る長寿社会ですが、一方で、公的年金などの社会福祉制度に満足している人は少ないのが実情です。何歳になっても働きながら収入を得るのは難しいですが、長引く低金利で、預貯金の利息は当てにならず、老後のために貯蓄をしても、取り崩しながらの生活ではせっかくの長生きがリスクになってしまいます。そこで、毎月の安定収入が得られる投資がアパート経営です。投資の収益には、保有している間、継続して得られるインカムゲインと、手放すことで一時に得られるキャピタルゲインがあります。アパート経営におけるインカムゲインは家賃収入、キャピタルゲインは売却益です。また、投資には収益を得る一方で、資産の分散によってリスクを回避する効果も期待できます。

アパート経営の始め方と安定収入

賃貸経営というと、多額の資金が必要と考えがちですが、不動産の資産価値を担保に借入をして、毎月の家賃収入を返済に充てれば、少ない手元資金でも始めることができます。借入返済が終わるまでの間、毎月の収入は手元に残りませんが、返済のために自分のお金を使うこともありません。返済が終われば、後は毎月収入が手元に残るので、老後の備えとして若いうちに始めると効果的です。投資のインカムゲインとは、預貯金なら利息、不動産なら賃貸収入ですが、一般的に、元金が大きいほど収益も大きくなります。不動産の資産価値を担保に借入をすることで、手元にある現金以上の価値を投資の元金にできるので、大きな収益が期待できます。 預貯金の利息で、毎月10万円を得るには多額の元金が必要ですが、家賃収入なら、毎月10万円は実現可能です。

アパート経営のリスク回避公課について

投資のもう一つの収益の手段がキャピタルゲインです。不動産は価格が増減するので、価格上昇のタイミングで売却すれば一時に多額の収益を得るのも夢ではありません。一方で、不動産価格の変動は、価格下落のリスクにもなりますが、値段が下がったときには売却せずに、家賃収入を継続的に得ていれば、損をすることもありません。また、投資というと目的は収益と考えがちですが、同時にリスクを回避する効果があります。投資にはリターンと同時にリスクがあることは知られていますが、預貯金なら元本保証なのでリスクがないかというと、そうとは限りません。物価上昇(インフレ)によって、それまで、人月20万円で生活できていたものが、30万円必要になると、手元にある現金20万円の価値は相対的に減ってしまいます。不動産の価値は、インフレ局面では上昇するので、資産を分散することはリスクを回避するためにも有効です。