成功できるアパート経営の条件とは

個人や企業が不景気で悩まされる昨今では、勤めている会社の年収や退職金だけでは将来が不安だという人は少なくはありません。そのような人達は副業を行うことで自らの年収を底上げしながら生活しています。副業には様々ありますが、中でも老後でも行うことができて安定した収入を見込めると人気なのがアパート経営です。特に毎日会社のために様々な努力をしているサラリーマンはアパートのオーナーという立場が逆転した環境を感じることもできるので、独立開業したいと考えている場合には最適の副業とも言えます。ですが、アパート経営を行う全ての人が成功できるわけではありません。中には大きな損失を抱えたままアパートを手放す人がいるのも事実です。それでは成功する人との違いはどのようなところにあるのでしょうか。

スマートな経営のために自己資金を多目に準備する

アパート経営を成功させる人の多くは早くから計画して自己資金を多目に準備しています。銀行から多目に投資資金を借りれば同じことだという意見もあるかもしれませんが、自己資金が多いことで借り入れ可能額も変動しますし、借入金だけでは足りなくなるとどうしようもなくなります。実際、自己資金が少ない人はアパートの空室が多くなったり修繕が必要な部分が出てくると四苦八苦してしまい、とても順風満帆な経営とは言えません。自己資金を多目に準備するのはローンの返済額をできるだけ小さくするという目的もあります。返済額が大きければその分だけ空室が許されない状況になります。場合によっては家計を圧迫することもありますので、スマートな経営を目指すのであればしっかりとした資金計画が必要です。

管理を委託することで空室を埋める

アパート経営は投資して終わりではありません。入居者の募集はもちろん、家賃の回収やトラブル処理アパート内外の清掃などやらなければならないことは沢山あります。しかし、副業として行う場合これらを自分でやっていると本業に支障をきたすこともありますし、中々全てを管理するのは難しいでしょう。料金はかかりますが管理会社に委託することでこれらの雑務から解放される上、例えば管理会社が大学生協との繋がりをもっていれば同時に入居者を募ることもできます。管理会社もクライアントが多い方が良いので入居者の募集には協力的です。また、不動産会社では仲介だけでなく管理も一括して委託されている物件を優先して紹介する傾向があります。管理委託も経営には欠かせない投資の一部だと言えるのではないでしょうか。